調剤薬局の薬剤師は不要なのか?

調剤薬局の薬剤師は不要なのか?

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ

調剤薬局での薬剤師の仕事は、一見すると病院で医師によって出された処方箋を見て、該当する薬を患者さんに手渡すだけのように見えます。そのため、細かい薬剤師の仕事の内容を知らない人にとっては、薬剤師の仕事が不要に見えることもあります。しかし、実際には薬剤師は、患者さんの健康を守るために欠かせない働きをしています。

その一つが、薬の飲み合わせの確認です。患者さんの中には、複数の病院にかかり、いくつもの異なる処方箋を持って調剤薬局を訪れる方がいます。薬によっては、特定の薬と一緒に飲むと、その効果が現れにくくなってしまうものもありますし、下手をすると副作用が強くなるなどの悪影響をもたらすことがあります。こうした悪い薬の飲み合わせを確認して、より安全に、そしてより効果的に薬物治療ができるように、クスリのプロである薬剤師がチェックを行っているのです。

また、患者さんによっては特定の薬へのアレルギーを持つ方もいます。しかし、クスリの商品名だけを聞いても、その成分が何かということまでは分からないので、知らずに飲んでしまいアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。しかし、患者さんの投薬の履歴などを把握している薬剤師は、そのアレルギー反応の危険性についてもすぐにチェックすることができますし、それぞれの薬にどんな副作用が出るかということもよく知っていますので、こうした危険を事前に避ける手助けをすることができるのです。

さらに、服薬指導も薬剤師の重要な仕事です。薬によって適正な飲み方や飲むタイミングなどがあります。患者さんによっては、いくつもの薬を飲んでいるため、どの薬をどのように飲んだらいいかを把握していない人もいます。そのような人に、正しい薬の飲み方を指導して、しっかりと効果の出る治療のために説明を行っているのです。こうした細かな配慮が患者さんにとってとても重要で、効果的な治療のために大きな役割を果たしています。

そして、調剤薬局では、市販されていない薬の調剤も行っています。医師が特定の薬について毎回飲む分量を指定しても、その分量に合った分包のされているものが販売されていないケースがあります。そのような場合に、毎回の分量ごとに薬剤師が分けて確実に正しい量を飲めるようにするのです。このように、薬剤師ではなくてはできない仕事というのがたくさんあり、調剤薬局では薬剤師を雇う必要が出てきます。一見すると不要に見えることもありますが、実は欠かせない存在なのです。

調剤薬局の薬剤師求人探しならこのサイト!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の公式ページへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の公式ページへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら