「東京都内」の調剤薬局薬剤師求人を探す!

東京都内にある調剤薬局の薬剤師求人情報

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ

東京は日本の首都であり、中心地です。ですから、人々が集まるところで、当然ながら、全国で一番多い都道府県となります。人口は現在約1320万人で、人口が2番目に多い神奈川県よりも400万人以上も多くなっています。

東京での就職事情を見てみると、その求人数は、やはり地方に比べると数多くありますが、その分求職者数も多く、さらに長引く不景気のために就職事情は決してよくはないようです。

日本全体の薬剤師数は、およそ276500人、そのうち東京の薬剤師数はおよそ44400人となっています。このうちの約4割が薬局で勤務する薬剤師だということが、東京都の調査により分かっているようです。次に人口10万人に対する薬剤師数の数を見てみます。厚生労働省の調べによると、全国の平均は128.7人なのに対し、東京都ではおよそ170人ほどとないっています。薬剤師の割合が全国でも最も高くなっていることが表されているのです。

人口が多い東京では、調剤薬局も数多くあり、その分求人数も多く、あちこちの求人情報誌やインターネット、ハローワークなどで、調剤薬局の募集を見かけます。けれども、このように数多くの薬剤師がる東京では、他の地方のように引く手数多という薬剤師の就職事情とはいかないのが現状です。「駅から近くて通勤に便利」「給料が高い」「労働条件がいい」などの好条件がそろった求人情報には、多くの募集が殺到することが予想されます。就職支援サイトやハローワークなどで条件のいい求人を見つけたとしても、その競争率は高くなることでしょう。ですから、多くの求人情報を見たり就職支援サポートを利用するなどして、自分の希望に合う求人情報をできるだけ多く集めることが重要となってくると思います。

薬剤師以外の多くの職種の給料を見てみると、大抵は地方に比べると東京の給料が高くなっています。けれども、その分東京での生活費が高いのです。それは、地方での家賃と東京での家賃を比較すると一目瞭然となっています。

調剤薬局の薬剤師の給料に限って、東京都地方のそれを比較すると、東京よりも地方での方が高いことも多くあります。それは、薬剤師の人手不足に悩む薬局が、人材を確保するために、好条件を提示して調剤薬局の求人をかけようと言う工夫が行われているからです。かといって、東京での調剤薬局の給料が安いわけでは決してなく、平均年収よりも高い給料をもらえている薬剤師が数多くいます。

東京都内の調剤薬局の薬剤師求人探しならこのサイト!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の公式ページへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の公式ページへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら