調剤薬局とドラッグストアの薬剤師の違い

調剤薬局とドラッグストアの薬剤師の違い

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ

薬局の中にはドラッグストアと調剤薬局があり、どちらも薬を購入できるお店ですが、いくつかの違いがあります。調剤薬局では、調剤室があり、薬剤師が常駐しています。医師が処方した処方箋を、調剤薬局に患者さんが持ってきて、それを元に薬剤師が薬を調剤して患者さんに渡します。医薬分業が進み、このような形で調剤薬局を利用する患者さんは増えました。ドラッグストアでは、日用品や医薬品をお客さんが選んで購入します。調剤併設型のドラッグストアを除いては、処方箋の受付を行う事はできません。2009年6月より薬事法が改正されて、これまではドラッグストアでも薬剤師がいなければ薬を販売できなかったが、「登録販売者」でも薬の販売ができるようになりました。薬剤師がいないけれど、第二類、第三類医薬品であれば、販売ができるのがドラッグストアです。

調剤薬局とドラッグストアは営業時間にも違いがあります。調剤薬局は、病院やクリニックの診察終了時間に合わせて営業を終了することが多く、また病院が休診日の日には薬局も休みとなります。ドラッグストアは夜遅くまで営業しているところも多く、土日の営業も行っていることから、その分拘束時間は長くなることが多いでしょう。

調剤薬局とドラッグストアに勤務する薬剤師では、拘束時間が違うことからも、給料に違いがでてきます。調剤薬局では初任給が350?550万円、ドラッグストアでは初任給が430?650万円ほどとなっているようです。30代の調剤薬局の薬剤師の平均給与は400?500万円、ドラッグストアは600?800万円にもなると言われています。ドラッグストアによって、その差はあると思いますが、若いうちに店長を任されることが多く、店長になると高収入が期待できるようです。調剤薬局で勤務する薬剤師でも管理薬剤師となると500万円を超える収入を得ることができるそうですが、ドラッグストアと比較すると、差がでるようです。

一般的には、調剤薬局よりもドラッグストアの方が給料が高いと言われていますが、薬剤師不足が深刻となっている地方の調剤薬局では、人材を確保するために高待遇にしているところもあり、ドラッグストアよりも高い収入のある薬剤師もいるようです。また、全国に多くの店舗を展開する大手調剤薬局企業よりも、小規模の企業の方が、給料が高い傾向にあるようです。ドラッグストアは全国に多くの店舗を展開している大手企業が多く、資本力があり安定しているし、高収入が期待できるというだけではなく、福利厚生や休暇取得の体制が整っていて、小さな調剤薬局会社との違いといえるでしょう。

調剤薬局・ドラッグストアの求人はリクナビ薬剤師で見つけよう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の公式ページへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の公式ページへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら