調剤薬局の営業の薬剤師求人を探すなら!

調剤薬局の営業の薬剤師求人を探すなら!

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ

薬剤師の就職先としてはとても一般的なのが調剤薬局ですが、調剤薬局での仕事と一口に言っても、いろいろな業務がありますので、自分のスキルや好みに合っている仕事を探すようにしましょう。一般的には、薬局の店舗で患者さんに対応することが多いものですが、営業という仕事もあり、違った雰囲気の業務を楽しむことができます。調剤薬局の営業の仕事の中身は多岐にわたります。

代表的なものとしては、総合病院を始めとする医療機関を相手に営業活動を行うというものです。多くの医療機関は、調剤薬局とのつながりを持っていて、処方箋を出した時に、患者さんから最寄りの調剤薬局について尋ねられると、そのつながりのある薬局について教えることになります。こうした情報に基づいて来店する患者さんが多いので、病院にしっかりと営業をしておく必要があるのです。

また、調剤薬局によっては、配置薬の販売を行っているところもあります。家庭や学校、職場などに普段使いの医薬品として、数種類をまとめて置いてもらうのです。こうした営業活動を、薬剤師が行うこともあります。特に、都市部にある調剤薬局では、ビジネスオフィスに配置してもらえると、かなりの販売数となりますので、営業の腕次第で大きな利益を得ることもできます。

このように、調剤薬局の営業の仕事はいくつかのタイプがあり、薬剤師としての専門的な知識とともに、営業能力が求められます。それで、企業側も、単に医薬品についての知識があるということだけではなく、どれだけ営業スキルと実務経験があるかということを重視して採用を決めます。条件の良い募集では、営業関連の仕事に3年もしくは5年以上従事しているなどの、具体的な応募条件を付けているケースもあります。もし、こうした条件を満たしているのであれば、積極的に応募して条件のよい転職を果たすようにしましょう。

また、多くの場合、採用の可否を決めるのは、面接でどのような評価を受けるかということになります。面接官に、コミュニケーション能力が高く営業に向いていると判断してもらえるように、積極的な態度で面接を受けるようにしましょう。熱意を持って明るく応対するということも重要です。ちょっとした態度の差によって、与える印象がずいぶん変わりますし、そのちょっとした差が採用を決めることもあります。あらかじめある程度の時間をかけて入念に面接対策をして、採用を勝ち取れるように頑張りましょう。

調剤薬局の薬剤師求人探しならこのサイト!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の公式ページへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の公式ページへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら