調剤薬局の資格

調剤薬局に必要な資格

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ

調剤薬局の薬剤師になるためには、薬剤師の資格を取得する必要があります。薬剤師の資格は、厚生労働省が認定する国家資格です。

この資格を現在日本で取得するには、6年制の薬学部を卒業後に、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。薬学部や薬科大学に入ることが、まず一つ目の難関だと言えると思います。学力レベルが高く、特に化学、数学、英語の高い知識が求められるでしょう。薬剤師国家試験では、医療に携わるための基礎的な資質を問う必須問題と、薬剤師として必要な知識が備わっているかどうかを問う薬学理論の問題、それを実践できる力があるかどうかを問う薬学実践問題が出題されます。

2005年入学者までは4年制の薬学部卒業後に国家試験を受験することができました。けれども、医療技術の高度化に伴い、薬剤師にも高い知識が求められるようになり、2006年入学者から6年制を卒業後に国家試験の受験資格が得られると定められたのです。この6年制は医学部と同様の勉強期間で、医師と同様に薬剤師への道のりも長いものとなりました。その分、薬剤師の地位は上がったと見られています。医療現場では、医師や看護師と共に医療チームに加わり、入院患者への指導などの業務を行う薬剤師も出てきました。

調剤薬局でも、薬剤師についての知識を学び、その資格を取得した人が、その資格とスキルを生かすことができる場所です。病院から持ってきた処方箋を見て調合をし、患者にその薬の扱い方、服用の仕方などを説明します。ですから、薬剤師の資格の他にも、接客のスキル、患者が外国人であれば、英語力も求められることがあるでしょう。日本語では理解しづらい薬の説明など、英語で説明する必要が出てくることがあるかもしれません。

調剤薬局で、薬剤師の資格なしで働けるかどうかと疑問に思う人もいるようです。調剤薬局には、薬剤師の他に、調剤薬局事務という仕事もあります。これは、処方箋の保険計算などを、レセコンという保険計算用のPCに入力して計算を行う事務員で、薬の調合は行わない為、薬剤師の資格がなくても勤務ができます。薬剤師の資格を保有していないもの、このような調剤薬局事務員が調剤を行う事は法律違反となっているのです。調剤薬局事務員の資格は、「調剤事務管理士」、「調剤報酬請求事務専門士」、「医療保険調剤報酬事務士」、「調剤事務実務士」などの資格があります。薬剤師の資格を取得している人であれば、調剤薬局にて行うあらゆる業務を行う事ができるため、薬剤師資格の他に、これらの事務員資格を取得する必要はありません。

資格を取ったら、次は求人探し!ぜひリクナビ薬剤師で!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の公式ページへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の公式ページへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら