調剤薬局で働く薬剤師の残業

調剤薬局で働く薬剤師の残業

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ

調剤薬局は、複数の薬剤師でシフトを回すことがほとんどですので、ある程度規則的な就業時間が組まれています。しかし、大きな総合病院の近くに建っている、人通りが激しいところに位置しているなどの理由で、ひっきりなしに患者さんが訪れるような薬局だと、シフトの引継ぎが間に合わず、残業が生じてしまうこともあります。逆に、それほど患者さんの来店数が多くなく、忙しい時間帯を越してしまえば忙しさが落ちつくというところでは、残業がほとんどないというところもあります。残業の有無、もしくはその量については店舗の立地条件や、何人の薬剤師でシフトを回しているかによって異なりますので、転職先を見つけるにあたって、しっかりと調査する必要があります。

店舗によって残業の状況が異なりますが、一般的に都市の中心部にある、大きな総合病院の近くにあるといった恵まれた立地条件を持つ店舗は、常に患者さんの来店数が多くかなりの業務量となります。そのため、どうしても他のエリアよりも残業が多くなる傾向にあります。また、大きめのドラッグストアの併設という形で調剤薬局が設けられている場合も、薬局自体の仕事に加えていろいろな仕事がでてきますので、残業が生じることも多いでしょう。もちろん、立地条件だけで残業時間が決まるわけではなく、業務量が多いところでも、余裕のある薬剤師のシフトの組み方をしていれば、問題なく定時で上がれます。それで、どれだけ忙しい店舗ということと、常駐している薬剤師の数を確認することで、残業があるかないかをある程度知ることができるでしょう。

家庭を持っている人や、プライベートの時間をしっかりと分けたいという人は、残業は少ない方が良いと考えるケースが多いですが、しっかりと稼ぎたいと思う人にとっては、残業がある方がありがたいと思うものです。というのも、薬剤師の基本給に加えて、残業手当が付きますので、手取りでもらえる分がぐっと多くなるからです。そして、残業代は通常の就業時間中の給料よりも割り増しになっていますので、より効率的に稼ぐことができるのです。調剤薬局の中には、深夜まで営業を行っているところもあり、遅くまで働くことで、通常の残業手当に加えて深夜手当も付きますので、より高い給料をもらうことができます。

どのくらい実際の残業があるか、残業手当の基準はどのくらいかということは、たいていの場合会社の募集情報を調べればすぐに分かります。それで、自分の希望にマッチする転職先を見つけるにあたって、こうした情報を事前に調べるようにして、働きやすい会社に入るようにしましょう。

調剤薬局の薬剤師求人探しならこのサイト!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の公式ページへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の公式ページへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら