調剤薬局薬剤師の仕事内容

調剤薬局勤務の薬剤師の仕事内容

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ

薬剤師法第一条で定められているところの薬剤師とは、「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する」とあります。薬剤師の仕事内容は多岐にわたりますが、中でも「調剤」は最も基本的な業務となります。調剤とは、医師が発行した処方箋に基づいて、医薬品を正確に調整することです。これは、医師が自らの処方箋に基づいて調剤する場合を除いては、薬剤師のみが行うことのできる専門業務です。

調剤薬局でも、患者さんが持ってきた処方箋を見て、それが適切であるかどうか鑑査した後、調剤を行い、服役指導を行います。調剤の際には、安全確保と薬の最大限の有効性を確保するために、細心の注意を払って行う必要があります。患者さんのアレルギーなどの体質の確認、これまでの服役状況の記録を照合して確認、他に併用して服用している薬との相互作用の確認を行って調剤をすることが求められます。

服役指導では、薬の名前、飲み方、使用上の注意、薬の効果、保管上の注意、副作用などの情報を伝えます。例えば、「これは、痰を切る薬です。1日3回、毎食後に飲んで下さい。」や、「かゆみを抑える薬です。1日3?4回、患部に塗布して下さい。」、「副作用として眠気が出ることがあるので注意して下さい。」などの説明を行います。その他、患者さんからの質問や相談に答え、その内容によって、処方する医薬品に関して医師に連絡をとり、より最適な処方を行ってもらう事もあります。

薬の発注も、調剤薬局の薬剤師の仕事内容の一つとして挙げられます。在庫にある薬を見渡して、足りないと思われる物を発注します。また、足りなくなった薬は随時発注をしていきます。

その他に、受付、会計、お薬手帳の発行、レセプトの入力などを行います。時間が空いた時には、よく出る薬などを一定量ずつ輪ゴムでまとめたりなど、患者さんに薬を出す時間を短縮するために、予製作成を行います。

近年では、厚生労働省の方針により、医療費を削減するために病床数を減らす政策がとられて、在宅医療を行う患者さんが増えています。また、高齢化社会を迎え、医療や介護を必要とする高齢者が増加し、病床数の不足から、在宅医療を受ける高齢者も増えてきています。ですから、在宅医療を受ける患者さんを訪問し、きちんと服役できているかなどの服役指導、薬剤管理指導なども、調剤薬局の薬剤師の仕事内容として加わってきているのです。

調剤薬局の薬剤師求人はリクナビ薬剤師で探そう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の公式ページへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の公式ページへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら