薬剤師が調剤薬局の面接で気を付ける事とは!?

薬剤師が調剤薬局の面接で気を付ける事とは!?

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ

薬剤師の転職率は他の専門職と比べても高い傾向にあり、特に調剤薬局やドラッグストアなど、転職先としてポピュラーな職場ではその割合もより高くなります。そのため、調剤薬局としても、より長く働いてくれる薬剤師を求めていて、仕事ができるということに加えて、職場に馴染んでくれる人を積極的に採用します。そのため、転職希望者のスキルや実務経験だけでなく、コミュニケーション能力があるかどうかや人間関係がしっかりと保てるかどうかなどを見ようとします。こうした資質は、履歴書の内容では見ることができませんので、面接でどのような印象を持つかによって判断されることになります。それだけ、面接でどのように受け答えをするかというのが大事ですので、事前に面接対策をしておくようにしましょう。

まず、面接でよく聞かれる質問についてあらかじめ、きちんと答えられるようにしておきましょう。よくある質問としては、なぜその調剤薬局を選んだのか、今まで勤めていたところをどうして辞めることになったのかというものがあります。特に、今まで何回も転職を繰り返しているひとであれば、どうして転職を何回もしているのかということを聞かれるケースが多いので、あらかじめ考えておくと良いでしょう。もちろん、嘘を言うのは避けなければなりませんが、マイナスイメージを与えるような答えはしないようにして、できるだけ積極的で前向きな回答を出せるようにしましょう。

そして、何を言うかだけではなく、どのように言うかということも重要になります。面接官の顔を見て、はっきりと言葉を出すようにします。そして、ぶっきらぼうな説明で終わるのではなく、丁寧に分かりやすく説明するように心がけましょう。できるだけ快活な印象を与えられるように、明るくはっきりと話すことが大事です。こうしたことを気をつけることによって、お客さんとも同僚とも良い関係を築けるコミュニケーション能力を持つ人だ、という印象を与えられるでしょう。

ビジネスマナーをしっかりと守ることも重要です。入室するときから退室するときまで、礼儀正しく敬意を持った態度でふるまうことが大事です。細かなマナーに気を取られるよりも、こうした配慮のある態度を示そうとする思いを持つことで、面接官にも良い印象を与えることができるでしょう。面接の成否によって採用の可能性がかなり変わってきますので、事前に時間を取って、どのようなことをどのように話すかということをしっかりと準備しておくようにしましょう。

調剤薬局の薬剤師求人探しならこのサイト!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の公式ページへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の公式ページへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら