薬剤師が調剤薬局で働く魅力について

薬剤師が調剤薬局で働く魅力

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ

病院や個人クリニックにおける医療業務の合理化や簡素化を進めるため、院内処方を取りやめ、院外処方を採用するケースが増加しています。そのため、薬剤師の必要性が高くなっており、人材を確保するため、積極的に薬剤師の雇用を進める調剤薬局が少なくありません。かつて院内薬局で勤務していた経験を持つ薬剤師の中にも、調剤薬局への転職を考える人が増加しています。その理由は、待遇面での優遇があるからです。院内薬局の場合、病院や個人クリニックでの雇用となるため、報酬や福利厚生は他の一般職員と変わらない場合が少なくありません。

調剤薬局の場合、院内薬局のように待遇が他の部署と変わらないということはありません。人材確保に努めている調剤薬局であれば、院内処方を行なっている病院よりもさらに良い条件を提示する場合があります。勤務する地域もほぼ変わらないため、待遇の良い調剤薬局に転職したいと考えるのは当然の流れといえます。一般的に業務内容の割に報酬が少ないとされているのが薬剤師ですが、調剤薬局であれば他の医療機関勤務に比べて報酬が高くなっている場合も多く、これまでのイメージを覆す待遇が人気を呼んでいます。

調剤薬局での勤務が人気がある別の理由は、仕事量が院内薬局に比べて少ないという点です。院内薬局の場合、当直勤務が割り当てられることも珍しくありません。地域の拠点となる総合病院であれば、時間外に受診する患者が多いため、その分薬剤師の仕事量も多くなります。当直手当などの補償はありますが、体力的な負担を考えると、当直勤務は敬遠されがちです。調剤薬局であれば当直はありませんし、アルバイトやパートの薬剤師が複数勤めているケースも多く、1人当たりの仕事量そのものが少ない場合もあります。体への負担が小さいのは魅力と言えるでしょう。

ドラッグストアでの勤務と比較しても、調剤薬局の勤務は仕事量がそれほど多くなく、報酬が高いという魅力があります。ドラッグストアによっては調剤薬局を併設しているところもありますが、そのような場合でも日配品などの売り場でお客様対応も多く、仕事自体はハードです。しかし院外処方を専門で行う調剤薬局であれば、そのような対応に追われる心配はありません。もしドラッグストア内の調剤薬局での勤務を考えている場合には、売り場での仕事が少ないことを条件にすることもできます。もし調剤薬局での勤務を考えているなら、薬剤師向けの転職情報サービスを活用するようにしてください。

魅力満載の調剤薬局の薬剤師求人をお探しならココで探そう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の公式ページへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の公式ページへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら